癌の治療にがん免疫療法を選択してみては

Share on Facebook
LINEで送る

がん免疫療法|ANK免疫治療で癌の完治を目指す|新日本橋石井クリニック

皆さんはもし癌と診断されたとき、どんな治療を受けたいと思いますか。
代表的な治療法としては、
・ 薬物(科学)療法 ・ 放射線照射療法 ・ 手術療法
が挙げられることでしょう。

しかし、挙げられた療法には長所もあれば短所もあります。
・ 薬物(科学)療法 抗がん剤を体内に投与し、がん細胞の増殖抑制、死滅をさせる。
短所としては、健康な細胞にも影響がある場合や、癌の種類によっては薬効が出にくい。
・ 放射線照射療法 放射線照射によってがん細胞を死滅させる。
短所は、皮膚の炎症などの放射線障害や、治療方法によっては行動の制限がある。
・ 手術療法 外科手術により、病巣を切除し、周囲の組織やリンパ節に転移が認められた時は、そこも切除を行なう。
短所は、病巣となっていた臓器を摘出した場合、以前と同じ生活を行なうことが難しくなる。

しかし今では、さまざまな先端医療技術が開発され、その中でも、体に負担が少ない療法として、新日本橋石井クリニックさんのANK免疫細胞療法があります。
これは人間が持っている免疫細胞を増殖活性化して、がん細胞を攻撃させ死滅させる療法です。
そのため、患者さんの負担が少なくて済む療法だそうです。
もし癌と診断され、自分に合った治療法をお探しなら、新日本橋石井クリニックさんで、ANK免疫細胞療法が可能か診察を受けてみたらいかがでしょうか。
きっとがんを完治できるかもしれませんよ。